おすすめ!薬剤師の転職・求人について

薬剤師の転職市場

最近、薬剤師に転職する人や、職業として薬剤師を目指す人が年々増加傾向にあるそうです。その理由として、不況による不安から、収入や生活の安定を望む人が増えたからと言われています。

数あるほかの職業の中で、薬剤師という職業を選ぶ人が増えたのでしょうか?

それは、我が国の高齢化社会に伴って薬・医薬品の需要が増えると同時に、薬局やドラッグストアで医薬品を扱う人材となる、薬剤師が必要となったからでしょう。

さらに、薬学部が4年生から6年生に移行となったことで、新卒者が現れない2010年と2011年の2年間が就業のチャンスと言われて来ました。

また、薬剤師の仕事が『転勤がない』『高収入』『残業が少ない』と一般的にほかの業種に比べ、良いイメージを持たれることが多い職業であったことも挙げられます。

それにより、就職難である日本の状況の中、薬剤師が近年注目されてきました。

そういった中で薬剤師と言う職業が売り手市場と言われてきました。

しかし、2012年になると薬剤師が飽和状態になりつつあり、薬剤師に転職を考えている人や就職したい大学生の行き場がない状態になりつつあります。

現在、インターネットの普及により、それらを利用した専門のサイトを作って、企業と人材をつなげることに力を入れています。乱立する、薬局やドラッグストアでは常に良い人材を探しており、働きたい薬剤師側では、今よりも良い職場を探していると言うのが現状です。

薬剤師の転職事情

薬剤師の転職は、結構多いと言われています。

その理由としては、自分の生活のスタイルに合わせて勤務の状況を変えられることにあるようです。

とくに女性でいうと、結婚・出産により家庭との両立を考えると、フルタイムでの勤務が難しいので、パートなどで働きたい、パートナーの転勤でほかの地域で働きたい、調剤薬局からドラッグストアへと様々な働き方を選択できます。

働く場所にこだわらなければ、地方によっては深刻な薬剤師不足になっているところもあり、薬剤師として働いてくれるならと、待遇などをよくして迎えてくれるところもあります。

しかし、今後飽和状態になりつつある薬剤師は、転職回数が多くなれなるほど厳しいものになってくる可能性が出てきます。

いままでは、薬剤師は転職に有利・結婚退職してもいつでも社会復帰できるというイメージでしたが、薬学部の6年制の移行が済んだ今、新卒者がたくさんいるため、安易に転職を繰り返してきた人ほど不利になってくるのです。

現実に、薬剤師のアルバイトやパートなどの人材募集が減ってきており、長い時間働いて、職場に定着する確率が高い人を病院・薬局も歓迎する傾向になってきました。

それに、アルバイト・パートは同じ時間帯に働きたいという希望が集中するもの一つの要因となっています。

必要な、働ける環境整備

薬剤師は以前、診療所や病院等の医療機関、製薬会社などのが主たる職場でしたが、医薬分業に伴い院外薬局の調剤薬局や全国展開するドラッグストアなどの職場が増えてきてます。

院外の調剤薬局やドラッグストなどは、個人の抱える条件に合わせて勤務しやすいように、パートや契約社員、勤務時間など薬剤師が働きやすい環境を整備しています。

パートの時給も、1800円から2500円が相場と言われているので、主婦層の有資格者のパート希望が多いようですが、勤務時間帯が被る傾向にあるので、週のうち1日程度は夜間の勤務もこなせないと、採用されないなど、その条件も厳しくなっています。

安定的な高収入を得るには、正社員が一番ですが、家庭を預かる主婦には、フルタイム勤務が困難な場合が多いのが実態です。

看護師の場合では、その辺の環境整備はされているところが多いのですが、薬剤師にも看護師のような主婦層でも働きやすい仕組みや制度を整えていく必要があります。

潜在薬剤師を増やすことなく、社会の中でその資格を有効に活かしていけるような労働環境を整備していくことが大切なのではないかと思います。

コメントを残す